コンドームというのは、
確かに一般的に避妊方法として広く知られているが、
コンドーム自体の避妊率は、
実はそこまで高くない

コンドーム自体の避妊確率は、
80%程度といわれており、
非常にリスクが高い。

そこで今回は、
コンドームだけでは避妊出来ないということについて、
話をしていこうと思う。

コンドームの避妊率

コンドームは非常に危険である。

なぜならば、
コンドームをつけていたからといって、
100%妊娠しないわけでは無いから

例えば、

・セックスの最中にコンドームが破ける
・射精の瞬間にコンドームが破ける
・女性器からペニスを抜く時にコンドームが外れる

などなど、
可能性として大いにあり得ることが、
コンドームをつけていても、
起きてしまう。

コンドームの失敗例など、
ネットで検索すればたくさん出てくるが、
コンドームをつけていたからといって、
100%避妊出来るわけでなく、
コンドームというのは非常に危険なものである。

妊娠を防ぐために

では、
妊娠を確実に防ぐためには、
どうしたらいいのだろうか?

最も確実に妊娠を防ぐ方法として、
低用量ピルの使用が挙げられる。

低用量ピルに関しては、
正しく服用していれば、
実に99.9%妊娠を防ぐことが出来る

もし、
あなたに子供を産む気が無かったり、
絶対に妊娠したくないのであれば、
低用量ピルはおすすめである。

低用量ピルについて

また、
低用量ピルを服用しない場合は、
いざという時のために、
アフターピル(中用量ピル)を持っておくのも有りだろう。

アフターピルに関しては、
低用量ピルほどの避妊率は無いが、
避妊に失敗してから、
24時間以内の服用で、
95%の避妊確率がある。

低用量ピルを普段服用しない人は、
万が一の時のために、
アフターピルを持っておくのもいいだろう。

自分自身で身を守る

あなたのセックスをする相手が、
しっかりとあなたとの将来を考えてくれていたり、
またしっかりと避妊をしてくれる男性ならば、
そこまで問題無いかもしれないが、
そうではない男性だった場合、
あなたの身を守るのはあなた自身しかいない

また、
コンドームに関しては、
男性に悪気は無くても、
不慮の事故で、
避妊に失敗することなど、
本当によくあることである。

自分自身の身を守るためにも、
避妊はしっかりと行うと共に、
避妊に対しての知識をしっかりとつけるようにしよう。